タロットカードって何枚ですか?タロットの基本的な疑問を解決!

タロットカード

タロットカードって何枚ですか?

タロットカードは全部で78枚あります。

タロットカード占いを覚えるのは大変ですか?

タロットカード78まいの意味を全て覚えようとしたらそれは大変です。

でも、実はタロットカード占いはたった22枚のカードの意味を覚えるだけでも占いはできるのです。

タロットカードを分類すると2種類

「大アルカナ の22枚」「小アルカナの56枚」です。「大」と書いている方が枚数が少なくて変な感じがするかと思いますが、英語では「Major arcana」「Minor arcana」なんです。枚数の事ではなくカードの重要性の事だと思えばしっくりくるかとおもいます。大アルカナの方が重要な意味を持っていると今は覚えておきましょう。

大アルカナ(Major arcana)

大アルカナのカード22枚一枚一枚に強い意味が込められており。これらをまず覚えることで、簡単なタロットカード占いができるようになるのです。よく、タロットの入門書で22枚のカードだけが添付されているのは、それが理由なのです。

小アルカナ(Miner arcana)

小アルカナの56枚カードに関して簡単に言うと、実は今のトランプの原型と言われています。4種類分かれていて1から10の数字が振られているのです。また、人物札が4枚あります。一方でトランプは、52枚(4種類に分かれ、1-10と人物札が3枚)です。

タロットカードの大アルカナだけでも占える!

タロットカードで、もし複雑な内容を占う場合には小アルカナのカードも必要ですが、精度がそこまでいらない場合。大アルカナだけでの占いで十分です。

一番単純で簡単な占いでは、22枚から一枚のカードを引いてそのカードのメッセージを読み取る。

それでも十分な占いになります。

重要なのは、具体的な質問に対して、カードを引き、そのカードのメッセージを捉えながら今の事象に置き換えて物事を考える事です。一人で悩みを抱えていたり、心配事というのは、気づかないうちに偏った考え方になりがちですよね。見方を変えると別の捉え方ができるはずなのに。

そういった時はタロットカードが本当に有効です。タロットカードを一枚引くだけでも22通りのカードの視点が得られることになり。心の整理をするのに非常に役立ちます。

一番重要なのは、タロットカードを引くことで得られる「キーワード&メッセージ」から違う視点で考えるという「きっかけ」を得ることができるということなんです。

最初は、本当に単純な占いでもいいのです。少しずつタロットカードを使うことでしっくりとくるリーディングが身に付いていきます。

 

スポンサーリンク

RELATED