CHATGPTのGPTsを使って自分用のGPTsをつくってみた

CHATGPT
この記事は約2分で読めます。

2024年1月にGPTsストアができて、使用回数に合わせて報酬が支払われるとかいう噂があったので、どんなものかわからないので作ってみた。

そもそも、カスタムのGPTsを作る必要があるのかな?ってのが疑問だったけど、目的がある程度していされたGPTsがあることで、同じ処理を繰り返しさせることが簡単になるのがメリットだろう。

多分、事前に複雑な設定や、知識をベースに話させるという前提にあれば、カスタムのGPTsがあると便利って感じだろうか。

ChatGPTが一体何ができるのかがわからないって人がGPTsをみれば、なにができるか逆引き辞典のようにできることがわかる=活用できるというイメージになると思います。ただ、ほとんどのカスタムGPTsが具体的にどんな指示がされて作られているのかわからないので使い方がわかりにくいなーって感じになるので、作る側はサンプルの指示文を工夫してユーザーがなにを指示すればいいのかわかりやすくする必要があるとおもう。

初期状態であれば、どんな質問をすればいいのかのサジェストがでるので、とりあえず、なんか押してみるけど、その後何をしたらいいのか、わからなくなるものも多い。生成後に、初期の指示候補だしたままにしてくれるだけでも改善しそうなんだけどね。。。

 

ChatGPT – QRコード(二次元バーコード)作成をお手伝い

ChatGPT - QRコード(二次元バーコード)作成をお手伝い
QRコードの作成を手伝いします。使い方は簡単で、URLを送ると自動的にQRコードを返します。複数のURLに対応しています。

【BLOG】タイトルからアイキャッチ画像を作成します。

ブログのタイトルを送ると8ビットのドット絵が画像生成され、リサイズされた画像が手に入ります。
ChatGPT - 【BLOG】タイトルからアイキャッチ画像を作成します。
ブログのタイトルを送ると8ビットのドット絵が画像生成され、リサイズされた画像が手に入ります。
タイトルとURLをコピーしました