FX

RSIを使ったトレード手法のまとめ

スポンサーリンク

RSIとは?

簡単にいうと
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断することができるテクニカル分析手法
オシレーター系の代表格である。

RSIは、
英語の「Relative Strength Index」の略であり、
日本語では「相対力指数」と呼ばれている。

現在の変動幅から力の方向を見極めることが可能。

RSIを活用するための基本ルール

RSIでは、

  • 70%(80%)以上(買われすぎ)
  • 30%(20%)以下(売られ過ぎ)

を表す。

しかし、RSIの値だけで売買の判断はしてはいけない

70%以上(買われすぎ) 30%以下(売られ過ぎ)となっている場合は、

トレンドが発生している場合が多くあり、安易に買われすぎ、売られすぎだからといって、買ったり売ったり(逆張り)すると痛い目に合う。

強いトレンド発生時は役に立ちません。

トレンド転換を判断するには?

RSIで狙うべきポイント1(折り返し)

トレンドが終わったと判断するタイミングは? RSIでトレンドが切り替わったかを判断して「順張り」できるタイミングは?

  • RSI 70%以上になってから、折り返して70%を割る時にトレンド切り替わりが発生(売り)
  • RSI 30%以下になってから、折り返して30%を超えてくる時にトレンド切り替わりが発生(買い)

RSIで狙うべきポイント2(ダイバージェンス)

RSIの使い方として、「ダイバージェンス」と呼ばれる「逆行現象」を使ってトレンドの勢いが弱まっていることを確認して、トレンド切り替わりが発生する可能性を見いだすことができます。

  • 価格が高値更新して上昇しているにも関わらず、RSIは高値を上回らない。
  • 価格が下値更新して下落しているにも関わらず、RSIは安値を下回らない。

ただし、「ダイバージェンス」が一回発生したからといって必ずしもトレンド切り替わりするとは限りません。何度も「ダイバージェンス」が発生してトレンドが切り替わることも多いです。「ダイバージェンス」が発生したら、そろそろトレンドが切り替わるかもといった見方が良いでしょう。

RSIで狙うべきポイント3(RSI50%)

  • RSIが50%より上なら上昇トレンド(買いが優勢)
  • RSIが50%より下なら下降トレンド(売りが優勢)

トレンドの判断としては使えるけど、実際のトレードとなるとエントリーが少し遅くなってしまう。

スポンサーリンク

RSIで設定する時間足は?

15分足以上で利用が推奨。

短い足では騙しが多くなるケースが多い。