キャリーバッグ、バックパックのどっちを持っていけばいいのか?

もう迷わない。キャリーバッグなのか、バックパックなのか。どっちを持っていこうか悩んでいる貴方に、おすすめのキャリーバッグとバックパックが合体したカバンを紹介します。

キャリーバッグなのか、バックパックなのか

まずは、双方のメリットから見ていきましょう。

キャリーバッグ-メリット&デメリット

  • 身体に負担をかけずに、荷物を重くても運べる。
  • キャスターが壊れたら…運ぶのが困難になってしまう。

バックパック-メリット&デメリット

  • 路上が荒れていても関係なくカバンを持ち運べる
  • 両手がいつも開いているので、傘も刺すのが楽ちん
  • 常にカバンが重い時は、身体に負担がかかる…。

どちらもメリット・デメリットがあるのですが、最近ではこの両者のいいところどりをした商品が増えてきています。

キャリーバッグとバックパックが合体した商品の紹介

キャリーバッグの状態

バックパックの機能を出した時

※出典:Amazon.co.jp

このような感じで、基本はキャリーバッグの姿ですが、いざという時にバックパックの形にできます。写真は、ソロツーリストのアブロードキャリー43です。

下記に紹介するバックパックは、世界一周するバックパッカーに高い評価を得ているバッグたちです。ショルダーベルトのほかに、ウェストベルトが付いている点もポイントが高いです。重い荷物でもしっかりとで支えることができるため実際の重さよりも軽く感じることができます。

機能自体は、どれも同じため必要な容量に応じて、バッグのサイズを決めると良いですよ。

 

スポンサーリンク