AMAZONコスパ最強のオススメ黒Tシャツはどれだ!

ミニマルなファッション最終形態は、「黒いTシャツ」である。

ミニマムに旅をしていると服へのこだわりが別ベクトルに進行してくる。

パックパックに入る服の量なんて限られる。

その限られる服を着まわしていたらどんどん服は痛んでいく。

いつしか服は、「量産型」「無難」「無思考」「安い」「いつでも捨てれる」ということを前提に選ぶようになる。

言い換えるなら「万能!」

旅をしてたらどこのエリアでも手軽に手に入る黒Tシャツ

アジア圏なら2ドル〜4ドル程度で買うことができる。日本だと600円ぐらいが最安である。黒いTシャツは世界中共通で、常にコスパがいいのである。

オンラインで黒いTシャツを買うなら。もちろん、Amazonである!

アマゾンで買える黒いTシャツのオススメは、もちろんAmazonベストセラーTシャツ!

値段なんと、600円程度で買える!

Tシャツで評価も高い。着まわしもアレンジもしやすい万能な黒Tシャツ。

ヘインズ社のジャパンフィット黒Tシャツは文句のつけようがないw

さっきの商品は、安すぎて品質とかブランドとか気になるようという方もいるだろう。
そんな場合は、ヘインズがだしている。このTシャツがオススメである。ヘインズとは、アメリカで生まれた老舗ブランド。キーワードは、「コンフォート(快適)」である。値段も着心地も満足いくのは間違いないだろう。そして、「ジャパンフィット」は日本人体型に合うように設計されているのである。

値段も手頃1枚あたり900円程度、着心地、耐久性どちらも文句なしっす。

※ちなみにヘインズ社、Tシャツは、「アカラベル」「アオラベル」「ゴールド」「ジャパンフィット」「プレミアムジャパンフィット」とありますが、個人的なオススメは「ジャパンフィット」ですよ!!洗濯による縮みが軽減されているので、長く使えまっす。

ま、これ以上黒Tシャツについて書くことはないし、素材のこだわりを書いても何も生まれないだろう。

そんなつまらない黒Tシャツを劇的に面白いネタにしてくれるTシャツがある。。。

ネタにもならない黒Tシャツが・・・

なんと。 ロバート秋山の手によって・・・化けたのである。

ロバート秋山が作った黒Tシャツが破壊力抜群すぎた!!

ロバート秋山の手によって・・・体モノマネ“Tシャツ”が開発された!

これ・・・、絶対におすすめである。

通常時はシンプルに、行動が必要な時にはネタとして使うことができるw

このTシャツでのネタは、松本人志のドキュメンタルで出てくる。ネタ元を知らなくてもぜった面白いwそんな黒Tシャツはいかがだろう?

スポンサーリンク

RELATED