トレンド

【ブラックアプリ】やりすぎ都市伝説 不正利用に気をつけよう!

スポンサーリンク

『やりすぎ都市伝説』にで出てきた、

ブラックアプリについてまとめました。

ブラックアプリとは?

ブラックアプリとは、『やりすぎ都市伝説』でワードが出てきました。

  • 不正に個人情報を抜くアプリ
  • 本物と見分けのつかない偽アプリ
  • 無料利用を開始」から自動的に有料課金契約に移行してしまうアプリ

要するに、ユーザーの意図しないところでサブスクリプション契約させたり、個人情報を不正利用する為に作られたアプリの事です。

ただし、通称は「不正アプリ」や「偽アプリ」というワードが使われています。

ひどいブラックアップリによっては、高額な課金が自動継続されてしまっていたりする可能性もあるようです。

SMSやメールなどできたリンクをクリックしないようにしましょう。

気づいていない間にサブスクリプション契約されているかも?

特に直近でやるべきこととしては、

自分が意図しないサブスクリプションサービスを

契約してしまっているかを調べましょう!

ブラックアプリではなくても、

気づかないうちに課金され続けてしまっているケースが多いようなので

しっかりチェックしておきましょう。

ブラックアプリの調べ方&消し方

具体的にブラックアプリがどれかを調べるツールはありません。まずは、スマホアプリの自動課金の状況を確認しよう。もし、意図しない契約で自動課金がされているようであれば、設定を解除してアプリ自体を削除することをオススメします。

具体的なブラックアプリの調べ方については次の通り。

スマホアプリ自動課金状況の確認と解除方法

ijmaki / Pixabay

iPhoneの場合

  • 「設定」「iTunes StoreとApp Store」で自分のアカウントをタップする。
  • 「Apple IDを表示」をタップする。
  • Apple IDの設定画面が開いたら、「登録」を開くと契約しているサブスクリプションサービスが表示される。
  • そこからサービスをタップする。
  • 登録の覚えのないサービスがあった場合「登録をキャンセルする」をタップして解除する。

Androidの場合

  • 「Google Playストア」を開く
  • バーガーアイコンをタップする
  • メニューを開き、「定期購入」をタップすると、契約しているサブスクリプションサービスが表示される。
  • 登録の覚えのないサービスがあった場合、サービスを開き「定期購入を解約」をタップして解除する。

 

スポンサーリンク

最後に

最近では、指紋認証、顔認証など

非常に便利にはなりましたが、

簡単に課金処理ができてしまう時代になりましたが、

ブラックアプリのような、

不正課金や個人情報を抜くアプリも多くなっていることも

また事実です。

十分に気をつけていきましょう。